<   2008年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

内モンゴル旅行2008(21)

9月初旬の内モンゴルは、東京で言うと大体10月の気候です。
最低気温が7度くらい。最高気温が25度くらい。
湿度が低く、20%以下のことが多いようです。
真冬は最低気温がマイナス30度になる日もあり、
そんな日は当然ながら最高気温もマイナス15度くらいまでしか上がりません。

そんな厳しい気候の中で暮らすモンゴルの人々ですが、
彼らは総じて大変明るくて元気です。

Nikon D50
AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR


b0119778_848952.jpg



この子も相変わらず元気です。
すっかり我々にもなついてきました。


b0119778_8504387.jpg



b0119778_8511484.jpg



どうもテーブルの下に潜り込むのが好きなようです。


b0119778_8522628.jpg


「ごめんなさい。ウンチしちゃいました・・・」
[PR]

by taobatal | 2008-09-30 09:27 | 内モンゴル旅行2008  

内モンゴル旅行2008(20)

Nikon D50
AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR


b0119778_10175466.jpg



この家のご主人が、私達のために建ててくれたゲルです。
正面にチンギス・ハーンの肖像がありますね。
モンゴル人にとってはチンギス・ハーンは仏様みたいなもので、
人によっては毎朝肖像画を拝んだりするくらいです。

さて、外の景色を超広角で撮ってみました。

Tamron SP AF11-18mm F/4.5-5.6 Di II LD Aspherical [IF] (Model A13)


b0119778_10202085.jpg



b0119778_10205880.jpg



b0119778_10211866.jpg


b0119778_1021416.jpg



やはりタムロンのレンズらしい色をしていますね。
草原を撮るのには良いレンズかもしれません。


b0119778_1022186.jpg



b0119778_10222338.jpg



この日は4日目の朝です。
旅行記もようやく折り返し地点ってところでしょうか(笑)?
[PR]

by taobatal | 2008-09-28 10:25 | 内モンゴル旅行2008  

内モンゴル旅行2008(19)

Nikon D50
AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR


b0119778_0335680.jpg



草原の朝は早いです。
眠い目をこすりながら外に出た私達に、素敵な景色が待っていました。


b0119778_0342819.jpg



b0119778_0344951.jpg



その足元にはこんなものも沢山。
でも不思議と汚いとは思わないですね。


b0119778_037434.jpg


草原の朝は、お母さんの乳搾りから始まります。


b0119778_0381397.jpg



b0119778_0385181.jpg


b0119778_0393035.jpg



b0119778_0395645.jpg


b0119778_0404429.jpg


b0119778_041743.jpg


[PR]

by taobatal | 2008-09-28 00:43 | 内モンゴル旅行2008  

内モンゴル旅行2008(18)

この日泊まったのは私の友達のモンゴル人の友達の家です。
「友達の友達が遊牧民」ということですね。

遊牧民とは言ってもモンゴル国とは少しイメージが違います。
内モンゴルの多くの遊牧民は、家はある一定の場所にあり、
そこから家畜を連れて長距離を移動したりします。
ただ、基本的には土地は誰かの所有になっているので、
勝手に家畜を遊牧させることは出来ないのです。

Nikon D50
AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR


b0119778_1342918.jpg


実は当初この家に二泊するつもりで計画していたそうです。
しかし、色々複雑な事情があって一泊だけになりました。
複雑な事情というのは、少し前に書いた鉄鉱と石炭に由来しています。


b0119778_13433427.jpg


近年、彼らの土地の下には膨大な量の石炭があることが判りました。
この地方に埋蔵されている石炭、およそ800億トン。
当然ながら土地を手放せば、
オルドスの石炭成金のように1億元の収入も夢ではありません。
でもこの家のご主人はその道を選択しませんでした。

その結果待っていたのは、政府からの嫌がらせでした。
遊牧を妨害し、羊を殺し始めたのです。
ご主人はそれに抵抗すべく、本当の遊牧に出ました。
羊を連れてモンゴル国の国境近くまで行っているのです。

この日は私達が泊まりに来るということで、
ご主人は国境から戻り、私達のためのゲルを建て、
食事を用意してくれました。
フフホトでパンを買ったり、途中で夕食を取ったりしていたのは、
そのためだったのです。

中国政府の目的は二つ。
効率よく産業を起こすこと。
そして、遊牧という文化を破壊して、モンゴル民族を漢民族化することです。


b0119778_13474720.jpg


こちらはチーズの製造室です。
ここからさっきの絶品のチーズたちが出来てきます。

遊牧民のお母さんが作業をしていますが、
民族衣装(デール)を着ています。
実はこれが作業着として正しい姿です。
牛乳の匂いのするデールを歌った民謡は、
モンゴルに沢山あります。


b0119778_13485948.jpg



一通り見学して戻ってきたら、
予定していなかった食事の用意が出来ていました(^^;;)。
こうなったら食べるしかありません(笑)。


b0119778_13495223.jpg



羊肉と砂葱という野菜の入ったボーズです。
これが美味しいんです。
そろそろ身体から羊の匂いがしてきそうです(笑)。

美味しい料理と酒、遊牧民の歌、私の馬頭琴演奏で、
草原の夜は更けていきます。
[PR]

by taobatal | 2008-09-27 13:56 | 内モンゴル旅行2008  

内モンゴル旅行2008(17)

草原で私達を待っていたのはこの子でした。

Nikon D50
AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR


b0119778_22271293.jpg



家畜ではありません。
飼い山羊です。
私達がこの日泊まった遊牧民の家のお嬢さんが、
草原で拾ってきたのだそうです。
生後大体一ヶ月くらい。

そしてこの家の名物のこちら。


b0119778_22283829.jpg



牛の生乳で作ったチーズです。
涙物の味です。


b0119778_2230221.jpg



これは固いチーズ。
固焼き煎餅のようです。
砕いて口の中で柔らかくして、その後かみ締めるとなんとも言えない味がします。


b0119778_22311290.jpg



こちらはクリームチーズ。
今朝買ったパンに付けて食べます。


b0119778_2232577.jpg



こちらは生乳の湯葉と言えば良いのでしょうか?
生乳を置いておくと膜が出来るんですが、それを重ね合わせてあります。
どれも素晴らしい味で、これだけで他は何も要りません(^^)。

ところで、君は何をしているんだい(^^)?


b0119778_22334476.jpg



b0119778_2234780.jpg



どうやら妻の伯母さんになついているようです(^^)。
[PR]

by taobatal | 2008-09-26 22:42 | 内モンゴル旅行2008  

内モンゴル旅行2008(16)

Nikon D50
AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR


b0119778_6562139.jpg



乗馬を楽しんだ私達は、もう一度車に乗り込み、
更に西を目指します。


b0119778_6572145.jpg



この辺り一体は鉄鉱生産が盛んなところです。
中国一の鉄鉱山が近くにあり、
地下にはそこかしこに膨大な量の石炭が埋蔵されています。
その利権をめぐっては色々な事件が起こっているようです。

最も石炭の埋蔵量が多いオルドスでは、草原の炭鉱化が進み、
遊牧民は次々と所有していた土地を手放しました。
貯金が1億元(16億円)を超える遊牧民が1000人を超えたそうです。


b0119778_71581.jpg



b0119778_721927.jpg



b0119778_724194.jpg



包頭の街に着きました。
この街も鉄鉱石と石炭で潤って、どんどん新しくなりつつあります。
今日はこの街で夕食です。


b0119778_745761.jpg



b0119778_752017.jpg



こちらはカボチャの餡かけのようですが、
かかっている餡がまるでマンゴーのような味!
これには一同「うわーっ(^^;;)!」


b0119778_754184.jpg



b0119778_76487.jpg



羊肉の水餃子。これが美味しかったですね。
大量に食べてしまいました。
[PR]

by taobatal | 2008-09-25 07:09 | 内モンゴル旅行2008  

内モンゴル旅行2008(15)

モンゴル馬の写真集です。
沢山撮ったので(^^;;)・・・。

Nikon D50
AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR


b0119778_1541564.jpg



b0119778_15421546.jpg


b0119778_15423240.jpg


b0119778_15425072.jpg


b0119778_1543860.jpg


b0119778_1543366.jpg


b0119778_1752546.jpg



b0119778_17531450.jpg



b0119778_1753394.jpg


[PR]

by taobatal | 2008-09-23 17:54 | 内モンゴル旅行2008  

内モンゴル旅行2008(14)

ここからは馬上からの撮影です(笑)。
勿論一人で乗っているので、DSLRで撮るのは結構大変(^^;;)。

Nikon D50
AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR


b0119778_9274275.jpg



他の集団とすれ違います。
皆さん観光客のようです。
内モンゴルは中国の軽井沢みたいなもので、
南の方から避暑で来られる方も多いのです。


b0119778_9284714.jpg



写真向こう側がモンゴル人の友達、
手前が妻のお母さんです。
日本人は私も含めて全員おっかなびっくりですが、
モンゴル人の彼女は堂々としています。
当然ですよね。彼女にとっては昔から乗っている「乗り物」ですから(^^;;)。


b0119778_9301143.jpg



b0119778_9304640.jpg



b0119778_931354.jpg



折り返し地点まで来ました。
この小さい建物は、さっきのゲルのホテルの事務所になっているようです。


b0119778_93235.jpg



こんな地の果てみたいなところに、
観光客目当ての物売りのおじさんがいます(^^;;)。


b0119778_933957.jpg



さて、もう一度馬に乗って帰るとしましょう。
ちなみに、白いのは妻です。
彼女はこの日は馬に乗るとは知らずに
ミニスカートで草原に突入してしまいました(^^;;)。
それでこちらのゲルの人に、足に巻くものを借りてそれをつけて乗っています。


b0119778_935252.jpg



でもこの馬達、結構きまぐれです。
おーい!どこ行くのー!!


b0119778_937328.jpg



[PR]

by taobatal | 2008-09-23 09:38 | 内モンゴル旅行2008  

内モンゴル旅行2008(13)

昼食を終えて一路草原へ。
向かうは包頭方面です。

Nikon D50
AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR


b0119778_2126433.jpg



b0119778_21273222.jpg



こんなトラクターと何台もすれ違いました。
こちらは100km/h以上出しているのですが、
そういう車と農業の車が普通にすれ違います。

昼食後走り続けること約2時間、
草原の中にゲルが見えてきました。


b0119778_21283334.jpg



b0119778_2130538.jpg



ここが今日の第一の目的地の草原です。
ここはホテルとしても経営していて、宿泊も出来ますが、
今日の宿泊先は違う場所です。

何故かドライフルーツを売っています。


b0119778_21312393.jpg



ここで今日の夜食べるドライフルーツを買い込み、
今日の目的はこちら。乗馬です。


b0119778_21325920.jpg



b0119778_21332516.jpg



モンゴルの馬はサラブレッドではなく、
どちらかというと道産子に近い、背の低い馬です。
この馬に乗ってこれから2時間の乗馬に出発です。
[PR]

by taobatal | 2008-09-20 21:34 | 内モンゴル旅行2008  

内モンゴル旅行2008(12)

Nikon D50
AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR


b0119778_1210680.jpg



お昼ごはんが始まります。
まずは前菜から、とその前に乾杯からです(^^;;)。
モンゴルでは毎日昼食からお酒を飲みます。
勿論42度~60度くらいの白酒です。
ストレートです。ガンガン飲みます。運転手も飲みます(^^;;)。


b0119778_12113243.jpg



奥にあるのがチャンサンマハ。
羊肉の塩茹でです。
ジャガイモが入っているのはちょっと珍しいですね。
これに妻が狂喜します(^^)。
妻はチャンサンマハが大好物で、これを食べに来たと言っても過言ではありません。


b0119778_1213381.jpg



さて、ユウメンがやってきました。
このユウメンは高血圧にも効果があるそうです。
日本でも秋田県で同じ種類のはったい粉を作っていて、
同じようにユウメンを作ってスポーツ選手の食事としての方向性を探っているそうです。
でもやはり気候や水の違いで、難しい面も多いそうです。


b0119778_12145532.jpg



ご飯を終えて外に出ると、ハゲタカ(だと思いますが^^;;)がいました。
おそらく飼っているんだと思いますが、
こんな近くで見ることはあんまり無いので、撮りまくってしまいました。


b0119778_12191629.jpg


b0119778_12194336.jpg


[PR]

by taobatal | 2008-09-20 12:20 | 内モンゴル旅行2008